高専卒業し隊

 >  > 大学編入試験の裏ワザ

大学編入試験の裏ワザ

スポンサードリンク

大学編入試験では、過去問を大量に集め分析することで、次の試験問題を当てることができる。

過去問を大量に集め、傾向を分析する

以下の表のように、大学によっては3年ごとに出題される問題が決まっている。そのため、次の年にどのような問題が出題されるかを予測することができる。

問題の出題傾向
編入試験で社会が出題される時
日本史 世界史 地理
H21
H22
H23
H24
H25
H26

試験問題を作成する際には、誤字・脱字・問題の間違いなどのチェックに時間と費用がかかる。また、大学入試と違い、高専生用の試験は受験者数も少ないため、大学側は時間や費用を掛けたくない。

そのため、中には5年ごとに同じ問題を使いまわしたりするパターンも出てくる。

つまり、過去問を徹底的に分析すれば出題される問題が予想できる。