高専卒業し隊

 >  > 買って後悔した自転車グッズ

買って後悔した自転車グッズ

私は以下の自転車グッズを買って使用したが、買ったことを後悔することになった。

  1. USBダイナモ充電ライト
  2. 手回しライト
  3. 安いカッパ

USBダイナモ充電ライト

自転車のタイヤの動力を使って発電し、発電した電気で自転車に取り付けたライトを光らせることができ、災害時には携帯電話やUSB端末搭載製品の充電器としても利用できる「USBダイナモ充電ライト」(下の製品ではない)を購入した。

しかし、オートライト自転車に搭載されているハブダイナモライトとは異なり、自転車をこぐ動作が非常に重たく、またタイヤが破れる原因となってしまった。

道路交通法では自転車の夜間走行時にヘッドライト(前照灯)をつけることが義務化されており、その明るさは最新(2014年度)のJIS規格により中心光度が400cd(カンデラ)以上と定められている。

そのためこうしたライトは明るさの関係で、法律上、現在では夜間に使用できないでしょう。

手回しライト

手でハンドルを回して発電し、発電した電気を蓄電して好きな時に光らせる「自転車用手回しライト」を私は購入した。

しかし、光度は低く、手でハンドルをグルグル回しているときは周囲から目立ってしまうデメリットがあった。

この製品も明るさの関係で、法律上、現在では夜間に使用できないでしょう。

安いカッパ

自転車の雨対策グッズで詳しく紹介したが、価格の安いカッパは雨を通したり蒸れたりするので、非常に使いにくかった。やはり1万円程度のバイク用のカッパがオススメだ。