高専卒業し隊

 >  > 高級車のCMに人が少ない理由

高級車のCMに人が少ない理由

高級車のCMには人があまり出て来ない。知識人と一般人の考え方の違いからその答えを読み解く。

知識人は孤独を愛する

レクサスなどの高級車のCMには人があまり出てこない。高級車のCMの典型的なパターンは次の2種類である。

  1. 誰もいない街を1台の車が走る(不自然な)光景
  2. 誰もいない大自然を1台の車が走る光景

もちろん例外もあるが、高級車のCMに登場する人の数は非常に少ない。

では、なぜ人が少ないのか?

高級車に乗る人、つまり富裕層は孤独が好む傾向があるためCMでは高級車の孤独を演出しているのだ。

富裕層は知識層の割合が他の層(一般層、貧困層)より高く、知識層は孤独が好む傾向がある。

一般人は集団を好む

一方、価格が比較的安い一般層向けの車(低級車)はどうだろうか?

一般層向けの自動車CMの典型的パターンは次の2種類である。

  1. 家族で楽しくピクニック
  2. 友人同士で楽しく旅に出かける

一般層は集団で行動することが好きなので、自動車メーカーの低級車のCMでは、集団を意識した内容になっている。

下の表は前述した一般人と知識人の違いである。

高級車と低級車の違い
知識人 一般人
収入 高い 低い
購入する自動車 高級車 低級車
重視する考え 個人の意見 集団の意見
好む所属形態 孤独 集団

知らずに洗脳されていた自動車のキャッチコピー

キャッチコピーにも現れている。下は日産の旧セレナ(約200~300万円)と、日産の旧フーガ(400~550万円)・旧シーマ(650~800万円)合同の宣伝文句である。セレナとフーガのキャッチコピーの違い

セレナのキャッチコピーは「みんな のりな セレナ」、対するフーガとシーマは「日本の高級車に個性がないなんて、言わせない。」

セレナは「みんな」という言葉を用いることで、消費者に集団を意識させている。

反対に、フーガとシーマは「個性」というキーワードで、個人というテーマを利用することにより、知識層=富裕層の心をつかもうとしている。

一般人は命令表現に従う

次に、セレナのキャッチコピーに「のるな」という命令表現を用いたことに着目する。

ではなぜ、命令表現を使っているのか?

命令に対して、一般層と知識層の反応が違うからである。

  • 一般層:命令に従う
  • 知識層:命令に反抗する

特に若者は、命令表現を使って洗脳されている。

アイドルの曲には「~しようよ」「さあ、○○へ行こう」など命令形の表現が多く使われ、ソニーのウォークマンのキャッチコピーにも「歌え、10代。」、と命令表現が含まれている。

ファンを洗脳させ、さらに若者または低知識者に限定することで、彼らの購買意欲を注ぐ最適な販売戦略が立てられる。

セレナのキャッチコピーに命令表現が使われている理由は、一般層向けの自動車のため、命令表現を用いて一般層を洗脳させ購買意欲を高める狙いがある。

知識人は事実のウラを探り、快楽を得る

フーガとシーマのキャッチコピーに「ない」という否定表現を使うのは、大きな意味がある。

知識人は知恵があるため、物事を簡単には信じず、よく疑う。事実のウラを知ることに快楽を覚え、一般的に信じられている物事が否定されると、その情報源に信頼性を抱く傾向がある。

例えばアメリカの高級腕時計メーカーのCMでも「CMなんて信じない、そんなあなたに」というフレーズが使われている。

結論:知識人は孤独を好む

高級車のCMに人があまり出てこない理由は、孤独を愛する知識人の心をつかみ、高級車の印象を良くし、販売を促進するためである。