高専卒業し隊

漢字検定準2級

スポンサードリンク

私は在学中に漢字検定準2級を取得した。私の体験談とともに漢字検定準2級に合格する方法を紹介する。

準2級までは比較的簡単に取得できる

履歴書では2級以上が評価されるため、準2級以下は簡単に取得できるようになっている。

その証拠に、1級~2級までは正答率80パーセント以上ないと合格できないが、3級~7級までは正答率70パーセント以上で合格できる。

試験問題も、2級からは新聞や書籍で見かけない漢字が増えていくが、準2級までは普段見かける漢字がたくさん出題される。

準2級の試験概要

試験内容・試験時間・記入方法

試験内容:漢字の読み書き
試験時間:60分
記入方法:筆記、記号

合格点・合格率・難易度

合格点:200満点中160点以上(正答率80パーセント以上)
合格率:毎年35パーセント程度
難易度:高校生在学レベル

試験日程・試験会場

日程:1~2月中、6月中、10月中の日曜日
会場:各都道府県に1~10会場

受験料

1800円

公式サイト

財団法人 日本漢字能力検定協会

私の準2級勉強方法

頻出問題集で効率よく覚える

高専受験計画-パレートの法則を用いて、漢字を効率よく暗記することに専念した。問題集は漢字が頻出度別に掲載されているものを使用し、出題回数が多い問題を徹底的に暗記することで、能率よく勉強できた。

使用した問題集は上のような頻出系問題集1冊だけ。あとは電子辞書に内蔵されている漢字検定の学習コンテンツを使った。

試験の体験談

受験した理由:2級のすべり止め

私は漢字検定2級の滑り止めとして受験を決意した。試験日は2級と同じ日、同じ会場である。

受験生は小学生から高齢者まで

試験会場で周りの様子を観察すると、受験生は小学生から高齢者まで幅広かったが、漢字検定2級に比べて小学生が非常に多い。おそらく、私立中学の受験のためでしょう。

試験時間は余るほど

試験時間は60分間である。実際には(個人差があるが)覚えているかいないかの試験なので、試験時間の半分で一通り書き終える。

試験問題は持ち帰れる

試験の問題用紙は持ち帰れるので、問題用紙への書き込みは自由にできる。

合格して1単位もらえたが・・・

はじめて受けた漢検準2級であったが、合格していた。

私が在籍した高専では漢検準2級を取得すると、学修単位として1単位認められる。

しかし私は同時に2級も取得したため、準2級の単位は追加で認められなかった。

役だったこと:文章が読みやすくなる

本や新聞を読むとき、以前より読みやすくなった。

合格証書はこんな感じ

漢字検定準2級の合格証書は下のようなB5サイズで送られてくる。
漢字検定準2級