高専卒業し隊

 >  > バイクの自賠責保険と任意保険の違い

バイクの自賠責保険と任意保険の違い

バイク保険について図を使って紹介する。(保険料の試算は富士火災のバイク保険サイトで調査したもの)

自賠責保険は他人の身体のみ、任意保険はすべて

自賠責保険と任意保険の違いを図で解説と下の図のようになる。
自賠責保険と任意保険の違い

自賠責保険では相手の身体のみ補償する。一方、任意保険は相手と自分の身体や物を補償する。

任意保険には次の4種類が含まれる。

  1. 車両保険
  2. 人身傷害保険(または搭乗者傷害保険)
  3. 対物保険
  4. 対人保険

それぞれの保険の意味を解説すると、

車両保険とは

車両保険は、自分のバイクが事故で損害を受けた場合に、バイクの修理代が補償される。ただし、車両保険が付いているバイク保険は少ない。

人身傷害保険とは

人身傷害保険は、バイクの人身事故にあった場合、過失割合に関係なく保険金が実費で補償される。つまり、高額賠償で威力を発揮する。

搭乗者傷害保険とは

搭乗者傷害保険は、バイクの搭乗中に自分自身が事故により死亡・後遺障害・ケガをしたとき、人身傷害保険と違い、健康保険と同様に定額で補償される。保険内容によって

  1. 入院・退院1日つき○万円の「日数払い」
  2. 部位・症状別の「一括払い」

に別れる。

対物保険とは

対物(賠償責任)保険は、バイク事故を起こして、他人の自動車や財物に破損・汚損・滅失などの損害を与え、法律上の賠償責任を負った場合に補償される。自分の所有物は補償されない。

対人保険とは

対人(賠償責任)保険は、バイク事故による他人の傷害の治療費・死亡の補償費のうち、法律上の賠償責任を負った場合に補償される。

自賠責保険で充分な補償は受けれない

自賠責保険とは必ず加入しなければならない、法律で義務づけられた強制保険である。加入しないで運転すると、法律により罰せられる。

自賠責保険の補償内容を図にすると、
自賠責保険とは

自賠責保険には問題がある。

対人賠償しか補償しない

まず、自賠責保険は他者の身体しか補償しない。他者の物、自分の身体や物は補償の対象外である。

保険金が十分ではない

補償は死亡に最高3000万円、後遺障害に最高4000万円、障害に最高120万円である。一見、補償額が十分に思えるが、実際には足りない。

実際の補償額は、死亡の場合が5000万円~1億円、後遺障害の場合が1億円~1億5000万円である。つまり、自賠責保険の補償だけでは不十分である。

任意保険の仕組みを解説

自賠責保険では補償される内容が少ないため、任意保険に加入する必要がある。任意保険の仕組みを図で解説する。
任意保険とは

バイクの任意保険の中には車両保険・人身傷害保険(または搭乗者傷害保険)・対物保険・対人保険の4つが組まれている。

バイク保険比較サイト

バイク保険を無料で複数の保険会社から一括見積りできるサイトはズバットバイク保険比較へ。最大4社のバイク保険を無料で一括資料請求できる。