高専卒業し隊

 >  > 留年する学生の特徴(行動編)

留年する学生の特徴(行動編)

留年する学生を調査すると、彼らには多くの共通点があった。

そこで今回は、留年する学生の典型的な行動を紹介する。

学校内での行動

授業中

  1. 寝ている
  2. ゲームをしている
  3. マンガを読んでいる

私の同級生に、(おそらく睡眠障害と思われるが)授業中は常に寝ている学生が2人いた。もちろん2人とも留年している。

机の下に隠してゲームをしている、またはマンガを読んでいる学生も大勢いた。特にゲームは意識を機械に向けて集中するため、授業に集中できないので単位を落としやすい。

授業外

  1. 定期試験の勉強をほとんどしない
  2. 課題物を期限内に提出しない
  3. 無断欠席が多い
  4. よく遅刻をする

一言で言うと、留年する学生は不真面目な学生が多い。

学校の外での行動

  1. アルバイトをしている

働く→お金を稼ぐ→好きなものを買う→もっと買いたくなる→もっと働く→勉強する時間がなくなる、といった道をたどり留年することになる。(詳しくはアルバイトにハマると留年するへ)

外見上の特徴

  1. 髪を染めている(または、染めていた)

私の同級生は黒髪の学生が多かった。

一方、留年した同級生の約半数が茶髪である。