高専卒業し隊

 >  > 高専退学後の就職の実態

高専退学後の就職の実態

スポンサードリンク

高専退学後の就職の実態を紹介する。

履歴上は高校中退になる

高専に何年在籍しようが、履歴上は中退扱いとなる。5年生で退学しても「中学卒・高校中退」となる。

中退扱いのため、就職は非常に不利になる

私の在籍していた高専の先輩で、4年生を修了後、公務員になろうと就職試験を受けた人がいた。

4年生を修了しているこの学生は、高卒の学力があることを面接官に伝えても、履歴上は「中退」のため認められず、就職できなかった。

(この就職できなかった学生は、後に高専に復学し、高専卒業後に民間の会社に就職している。)

業種は絞られる

前述したように履歴上は「中退」のため、会社によっては就職しにくいので、業種は絞られる。

一方、実力主義の会社や経歴不問の会社なら問題なく就職できる。IT企業を中心に、近年は学歴よりも実力重視の会社が増えており、また慢性的な労働者不足が続いているので、会社を選ばなければ就職は可能だ。

また、個人事業主になったり、起業するのもひとつの手である。

私の同級生の中に3年生で留年し即座に自主退学した学生がいたが、彼は親が経営する会社で働いているというウワサだった。つまり、縁故やコネがあれば問題なく就職可能だ。