高専卒業し隊

 >  > カンニングで全教科0点

カンニングで全教科0点

誰もが1度は試してみたい、または、試したことがある行動、カンニング。過去の事例や各高専のカンニング事情を紹介する。

全教科0点+停学処分

カンニングがバレると、全教科0点となる。さらに、学校によっては停学処分となる。長岡高専-高専における規律違反に対する停学処分のあり方についての一考察(PDF)によると、違反行為に対する処分内容を公表している。

喫煙・盗難・カンニングの停学日数
高専名 喫煙 窃盗 カンニング
A 7日 14日~無期 14日
B 3日程度 5日程度 発覚後の試験期間
C 3日 校長裁定 無期
D 2~4日 1~3週間 1~3週間
E 3日 5日 無期
仙台高専 3日 7日~無期 無期(30日以内)

(表の日数は停学日数)

A~Eまで学校名は公表していないが、東北地区の高専なので、八戸・秋田・一関・鶴岡・福島高専のことである。(仙台だけ名前を公表している。)

驚いたことに、カンニングは(20歳未満の)喫煙や窃盗などの法律違反より重い処分に規定されている。

証拠がないと逮捕できない

Yahoo!知恵袋によると、ある高専生がカンニングの免罪をかけられたようだ。内容を要約すると、

  1. 中間テストで試験官の先生にカンニングの容疑をかけられる。
  2. 学生は無罪を主張するが、全教科0点となる。
  3. 学生の留年が決まる。
  4. 学生は学校を辞めて、警察官を目指そうとする。

問題は、試験官が証拠なく学生を有罪(全教科0点)にしたことである。一般的に、学生が他人の答案用紙を覗き見ても有罪にはできない。なぜなら証拠が無いためである。

「見間違いではありませんか?」や「意図的に私を落第させようとしていませんか?」などの「見間違い」や「虚言による陰謀」があるため、証拠が無いと有罪にはできない。

また、2012年に最高裁判所で「前科で犯罪を立証する証拠にできない」という判断が下された。つまりカンニングの前科があっても、それを証拠にカンニングの疑いがある学生を有罪にはできない。

私の在籍していた高専でカンニングしてバレた学生がいたが、カンニングペーパー(証拠)が見つかったらしい。

証拠さえあればすぐに全教科0点

試験中は机の中を空にする規定である。机の中に教科書やノートを誤って入れたままにし、教員が見つけるとカンニングとすぐに判断することができる。

本人の意志に関係なく、証拠さえあれば全教科0点となるので、試験を受ける時は机の中や衣服のポケットに要注意だ。

教員に密告した学生の正体がバレる

中川淳一郎著「今ウェブは退化中ですが、何か?」によると、高専で起きたカンニングの実話が紹介されている。

中川氏によると、ある高専の学生Aが試験のカンニングをモバゲータウンの日記で告白した。これを見た同級生Bがこの日記のURLをこっそり学校の教員に密告し、カンニングをした学生Aは留年処分となった。

さらに密告した同級生Bは、留年が決定した学生Aの日記を2ちゃんねる上で公開する。

ここから、同級生Bの雲行きが怪しくなっていく。

2ちゃんねる上で密告した同級生Bを社会から追放しようという動きが出始め、同級生Bの学年や所属クラブが特定される。

(私は著書にある単語をもとにネットで調べると、ある高専とは北九州高専であることがわかった。)