高専卒業し隊

 >  > CDや問題集は図書館で無料入手

CDや問題集は図書館で無料入手

スポンサードリンク

英語のCDや問題集の購入費用を節約する方法を紹介する。

英語のCDやDVDは図書館で借りる

DUOなどの英単語集のCDはパソコンに取り込んでMP3プレーヤーで聴くため、1度しか使わないのに価格が高い。

そこで、学校の図書館にリクエストして所蔵してもらう方法を使う。購入費用は学校側が支払うのでCDがタダでレンタルできるのだ。もちろん、DVDもリクエストすれば所蔵してもらえる。

ただし注意点が2つある。

  1. 注文するなら1か月前に
  2. 所蔵されるのは学習に関係あるモノ

注文するなら1か月前に

勉強に関する本やCD、DVDはリクエストすれば購入してくれるが、1か月後に所蔵される場合がある。そのため所蔵してほしい本はできるだけ早いうちからリクエストしたほうが良い。

所蔵されるのは学習に関係あるモノ

バライティー番組「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで」のDVDをリクエストした学生がいたが、もちろん却下されていた。図書館に所蔵されるのは基本的に学習に関係があるものだ。

ただし、「ロード・オブ・ザ・リング」や「E.T.」などの洋画はなぜか所蔵されていた。おそらく英語の学習用ということになっているのでしょう。もしくは、図書館員の趣味である。

私の在籍していた高専で、よく所蔵されているDVDは海外旅行系の英語学習DVDであった。

問題集は図書館で借りる

大学編入や検定試験などの問題集・過去問は、図書館に多数所蔵されている。しかし、問題集はAmazonなどで購入し、何度も解いて繰り返し学習をしたほうが良いでしょう。

一方、工業英検の過去問のように解説のないモノは図書館で借りても良い。なぜなら、解説が一切ないため問題集のように利用できないからだ。