高専卒業し隊

 >  > TOEIC試験に役立つ文房具

TOEIC試験に役立つ文房具

スポンサードリンク

TOEICの試験に役立つ文房具を紹介する。

シャーペン

3秒かかるマーク塗りを1秒でできれば、200問で400秒=6分以上の節約ができる。

晋遊舎「TOEIC テスト完全ガイド」では、次の3種類のシャーペンが紹介されている。

ステッドラー 1.3mmシャープペンシル

ステッドラーの「1.3mmシャープペンシル771」の特徴は3つあり、

  1. 線幅が1.3mmという太軸のため、マーク塗りが早い
  2. 三角柱の構造のため、机で転がらない
  3. グリップが滑り止め加工されており、滑りにくい

という特徴を持っている。頭には消しゴムも付いており、マークシート試験を意識した作りになっている。

製図用シャープペンシル

ステッドラーの「製図用シャープペンシル925 05」の特徴は3つあり、

  1. 重さは12グラムという軽量設計
  2. 滑り止め加工されており、しっかり握れる
  3. 芯のブレがない

という特徴を持っている。軽いので、長時間の作業用シャープペンシルとして普段から使えるでしょう。

三菱鉛筆 ユニホルダー

三菱鉛筆の「ユニホルダー 2.0mm」の特徴は3つあり、

  1. 重さは11.8グラムという軽量設計
  2. 直径2mmという太芯のため、マーク塗りが早い
  3. 芯は4H~4Bまで対応

という特徴を持っている。グリップ部がゴム製でないため、長時間の作業用シャープペンシルではない。マークシートでは濃いほど良いので、4Bの替芯がオススメ。

マークシート用消しゴム

私はマークシートを消すのに手こずった経験がある。そこで、マークシート用の消しゴムを使えば時間の節約となる。先ほど紹介したの晋遊舎「TOEIC テスト完全ガイド」では次の2種類が紹介されている。

ぺんてる マークシート消しゴム

ぺんてるの「マークシート消しゴム ZEM10」は長細い形状で広範囲を綺麗に消すことができる。

トンボ鉛筆 モノゼロ

トンボ鉛筆の「詰め替え式ホルダー消しゴム モノゼロ」はペン型の構造をしており、ピンポインでマークシートを消すことができる。しかし、綺麗に消えないという指摘もある。