高専卒業し隊

TOEICのウラ情報

スポンサードリンク

TOEIC攻略本に書かれていた、TOEICの裏情報を紹介する。

すべて同じ記号にマークしても200点は取れる

TOEICは正解の記号が平均的に散らばるようになっており、全て同じ記号にマークしても50問は正解となる。実際に、ある受験生が200問全部「A」にマークしたところ、スコアは180だったようだ。

会場の席は自由に変更できる

TOEIC会場では「リスニングが聞こえない」「エアコンの風が顔に当たる」「騒音がひどくて集中できない」などの理由をつけると、試験官に申し出ると席を変えてくれる。

TOEIC受験者の8~9割は日本人と韓国人

TOEICの受験者の8~9割は日本人と韓国人が占める。

TOEICはヨーロッパで認知度が低く、英語能力を示す試験としてはほとんど認められていない。

欧米ではTOEFLやケンブリッジ英検、CEFR、IELTSが人気である。

TOEIC IPには韓国の過去問が出されていることも

TOEIC IPでは過去に公開テストで使用された問題が使用されている。実際に、韓国の公開テストで出題された問題が日本のTOEIC IPに数多く採用されている。

韓国発行の対策本を日本語訳したものが販売されているので、IPを受験する際には役立つかもしれない。

受験料がお得になる方法

方法1:公式サイトから申し込む

TOEICインターネットサービスで試験を申し込むと、1年後の同月実施のTOEIC公開テストの受験料は通常5565円が4950円になる。

方法2:「クラブアルク」に入会する

アルクの雑誌を定期購読するか、または通信教育を受講すると「クラブアルク」に無料で入会できる。入会費6300円を払うことで入会することも可能だ。クラブアルクの特典で、TOEICの試験が年1~2回4950円で受験できる。