高専卒業し隊

 >  > 英語の各検定別の必要語彙力

英語の各検定別の必要語彙力

英検1級や英検2級、TOEICBridge、TOEIC、TOEFLなどの検定試験に加えて、英文雑誌、英語ニュースの必要語彙力を紹介する。

TOEICは3700語、英検1級は8200語必要

下の表はTOEIC公式サイトが公表しているレポート(PDF)に記載されている各検定の必要語彙力である。

TOEICやTOEIFL、英検の必要語彙力
検定 必要語彙力の目安
英検1級 8200語
英検準1級 6100語
TOEFL模擬テスト 6100語
TOEICテスト 3700語
英検2級 2800語
TOEIC Bridge 2400語

TOEICはややビジネス向けのため語彙数が少ないことが特徴だ。一方、英検やTOEFLはアカデミックな試験のため語彙数が多い。

TOEIC高得点でも英語ニュースは聞き取れないかも

次の表は同じくTOEIC公式サイトが公表しているレポートに記載されている英語ニュースや英文雑誌、映画の必要語彙力を、先ほどの表に加えたものである。

メディア、検定別の必要語彙力
メディア 検定 必要語彙力の目安
英検1級 8200語
TIME 6700語
Newsweek 6300語
英検準1級 6100語
TOEFL模擬テスト 6100語
CNNニュース 5100語
ABCニュース 5000語
TOEICテスト 3700語
タイタニック(映画) 3600語
英検2級 2800語
TOEIC Bridge 2400語

TOEIC高得点の人でも「英語ニュースが理解できない」や「英文雑誌がスムーズに読めない」といったことが起こるが、原因はTOEICテストの必要語彙力が少ないからである。

TOEIC高得点を狙うなら3700語では不十分

先ほどの表を見る限り、TOEICは語彙数は他の検定に比べて少ないように見えるが、これは高得点を狙うのに必要な語彙数ではない。

英検準1級(TOEIC740点相当)レベルを望むのであれば6000語、英検1級(TOEIC990点相当)レベルを望むのであれば1万語の語彙力は必要になる。