高専卒業し隊

 >  > 退職時に損害賠償や違約金を払う必要はない

退職時に損害賠償や違約金を払う必要はない

会社に退職を申し出ると、損害賠償や違約金を支払うように脅され、訴訟される事例もあるが、実際には支払う必要はない。

違約金を定めるのは違法

労働者を低賃金で長時間働かせる、いわゆるブラック企業やブラックバイトの問題の1つに、労働者が会社に退職を申し出ると、損害賠償や違約金を支払うように脅したり、中には訴訟したりする事例がある。

しかし現在の労働法では、違約金を定めること自体が違法であり、違約金を支払う必要はない。

損害賠償が認められるのは相当悪質な場合

また、損害賠償についても、裁判で賠償金の支払いを認めた事例はほとんどなく、支払いを認める事例は、労働者が相当悪質な場合である。

現在の労働法では、労働者は会社を自由に辞められる仕組みとなっており、正社員でもバイトでも、辞めようと思えば、いつでも辞めることができる。