高専卒業し隊

 >  > 高専卒業生の離職率が明らかに

高専卒業生の離職率が明らかに

高専機構が高専卒業生を対象にしたアンケート調査を実施し、高専卒業生の転職率や離職率を調査した。

そこで今回は、高専卒業生の離職率について紹介し、高専卒業生の労働環境を探る。

3年以内の転職率は6.5%

下の表は、高専機構の資料をもとに作成したものである。

高専卒業生の転職率・離職率
卒業 回答者数(人) 転職経験者数(人、%) (参考)現況において、就職あるいは進学を選択しなかった方(人)
卒後7年目 14 4 28.6% 3
卒後6年目 44 11 25.0% 3
卒後5年目 288 57 19.8% 14
卒後4年目 19 0 0.0% 0
卒後3年目 31 2 6.5% 1
卒後2年目 28 1 3.6% 0
卒後1年目 33 1 3.0% 1

高専機構-平成23年度国立高等専門学校卒業生アンケート調査 調査結果の概要をもとに作成)

上の表は、高専本科(5年間)を卒業してすぐに就職した者の中から、転職した人の数や割合を示したものである。また、右端の就職も進学もしなかった者のデータを加えると、離職率に近いデータも知ることができる。

転職率や離職率は、新卒3年以内のデータが重要視されるが、高専の場合は転職率が6.5%、離職率が9.7%である。

離職率は大卒の1/3の低さ

下の表は、厚生労働省-新規学卒就職者の離職状況をもとに、平成26年度3月に卒業した新卒が、就職後3年以内に離職する割合を示したものである。

学歴別の離職率
最終学歴 離職率
大学 32.2%
短大等 41.3%
高専 40.8%
中学 67.7%

(厚生労働省のデータをもとに作成)

大卒が32.2%と最も低いが、3人に1人が3年以内に退職することを考えると、非常に高い値である。

一方、先ほど紹介した通り、高専の離職率は9.7%であるため、大卒の1/3以下の割合である。よって、高専卒業生の離職率は非常に低いことがわかる。

転職率や離職率が低い要因

転職情報サイト「リクナビNext」や「エン・ジャパン」が転職経験者に「退職理由のホンネ」を聞いた調査では、1位は共に「人間関係」である。

また、10位までの理由を見ても、人間関係と給与と労働環境に関するものだ。

一方、高専の場合、卒業生の多くが製造業に就職するので、他の業界に比べれば人間関係で問題が起きにくい。

また、高専受験計画-高専生の奨学金の受給率と延滞率で、奨学金の延滞率が、高専生は非常に低いことを紹介したが、給与が極端に少ないとは思えない。

よって、それらが離職率や転職率が低い要因だと考えられる。