高専卒業し隊

エコ検定

スポンサードリンク

環境社会検定試験(通称エコ検定)に合格すれば、苫小牧高専などでは2単位を取得できる。私の体験談とともにエコ検定に合格する方法を紹介する。

試験概要

試験内容

環境に関する歴史や時事問題など、幅広い基礎知識が問われる。

試験形式

全問マークシート方式

試験時間

2時間

合格点

100点満点中70点以上

合格率

2012年度後期:53.5%
2012年度前期:55.7%

合格率は毎年減少している。2006~2008年頃は70~80%であったが、それ以降は50~60%まで減少している。

問題が難しくなったのか、受験者の質が落ちたのか、どちらかが原因であろう。

難易度

漢字検定4~5級程度

試験勉強期間

1~2週間程度の短期間の勉強で合格可能。

申し込み方法

  1. インターネット
  2. 電話

試験日程

7月下旬と12月中旬

試験会場

各都道府県に約数十~数会場

受験料

5250円

テキストと問題集は1種類づつ

公式テキストは「環境社会検定試験eco検定公式テキスト」であるが、この本だけを読んでも点数アップに繋がりにくい。問題集の補足資料として使うことになる。

公式問題集は「環境社会検定試験(eco検定)公式過去・模擬問題集」であり、試験勉強の際はこちらをメインで使うことになる。

エコ検定は徐々に知名度が上がり、最近では、中規模の本屋でも様々な問題集が販売されている。

勉強方法:ひたすら問題集を解く

私が実践した勉強方法は、ひたすら問題集を解くことであった。問題を解いて、間違えたところを公式テキストで調べて学習していた。

エコ検定を勉強して思ったこと:歴史分野が多い

エコ検定は環境問題に関することを広く浅く出題される。そのため、歴史問題が多いように感じた。

エコ検定を勉強すると環境系の授業で役立つ

最近は「環境科学」「環境工学」などの授業が各学校で実施されるようになってきた。

私の在籍していた高専の場合、環境系の授業は4~5年生の時に実施され、外部から講師を招いたり非常勤講師が担当していた。その授業で出てくる単語は、エコ検定で出題されるモノと重なることが多い。

エコ検定に興味がある学生は、4~5年生までにエコ検定を取得しておくと良いでしょう。

成績書と合格証はこんな感じ

受験した約2ヶ月後に成績書と合格証、パンフレットが届く。成績書は下のようなA4サイズ。
エコ検定

合格証はクレジットカードのサイズで、この裏側を見ると、磁気テープがあり、ポイントカードのような感じだ。