高専卒業し隊

 >  > 怒られても平気な人になる方法

怒られても平気な人になる方法

怒る人の心理や特徴を知れば、怒られても何とも思わなくなるし、さらに怒られることで幸福になる方法もある。

怒る人は他人ではなく自分自身に怒っている

怒る人の心理は医学的に分析され、様々な書籍で紹介されている。

それによれば、人は誰かが嫌いだから怒るのではなく、実は自分自身が許せなくて怒っている。

例えば医師のブライアン・ワイス氏の著書「前世療法2」では、催眠療法を受けた人が、自身の過去を振り返って「人生で一番許せなかったのは自分であった」と証言している。

このように怒る人の心理を知れば、自分に非がないことがわかり、怒られても冷静に状況を判断できるようになる。

怒る人を観察対象として見れば何とも思わなくなる

怒る人を研究対象として観察すれば、人がどのようなことに不満を持つかがわかるし、逆に言えば、怒る人の反対の行動したり思想を持てば幸福になれるのだ。

実際に私は人から怒られている最中、謝っているフリをしてその人たちを研究対象として観察していた。その特徴の統計を取っていたが、以下の行動や思想があった。

行動の特徴

  1. 自分の行動に責任を持たず、失敗すれば責任を他人に転嫁して反省しない
  2. 失敗を恐れるため、挑戦したり努力をしないが、他人にはそれらを求める
  3. 変えることができないもの(過去の失敗、人種、性別など)に文句を言う
  4. 危機意識が低いにもかかわらず、危機管理能力が低い
  5. 他人に対して要求が多く、また自分ができないことを要求する
  6. 寛容力が低いため、他人に成果を求め、他人を助けず、他人に感謝しない
  7. 恐怖を使って人を支配するため、自身も何らかの恐怖で苦しむ
  8. 自分に自信がなく、常に欠乏感があるため、権力や富に固執する
  9. 感情を抑える訓練をしておらず、すぐに怒る
  10. 減点評価で物事を判断するため、人の欠点ばかりを見る

思想の特徴

  1. 他人からの評価で自分の価値を判断するため、批判されることを恐れる
  2. 一貫した理念を持っておらず、発言と行動が矛盾する
  3. 恐怖心が強く、同じことを何度も言い、変化に対する適応力が低い
  4. 学習力が低く、自分に都合が悪い情報を遮断し、自分の考えに固執する

よって私はこれらの行動や思想の逆をすることで幸福になれたし、統計データの対象となった人たちに感謝している。