高専卒業し隊

 >  > 「ドリームキラー」とは

絶対に相談をしてはいけない「ドリームキラー」とは

ドリームキラーとは「他人の夢を壊す人」であり、相手の夢や目標を壊していく。例えば、学生の偏差値を見て進学先を諦めさせる教員は、典型的なドリームキラーである。

なぜなら偏差値は「過去」の基準をもとに作られた指標であり、その学生の「未来」とは無関係だからだ。

あなたの周りはドリームキラーだらけ

ドリームキラーは2種類いて、「善意」と「悪意」の2種類が存在する。

善意のドリームキラー:過去の基準で相手の夢を諦めさせる

善意のドリームキラーは相手の能力を勝手に判断し、相手の夢を諦めさせる。

例えば、歌が下手な少年から「プロの歌手になりたい」と言われた時、その少年の実力を過小評価して善意で夢を諦めさせる。家族や同僚、教員、上司などがこのパターンに当てはまる。

悪意のドリームキラー:自分より優秀な人をつぶす

悪意のドリームキラーは、自分の立場が下がることを恐れて、優秀な人物を潰していく。

例えば群馬高専で学生3人を自殺に追い込んだ教員がいたが、その教員がターゲットにしたのは成績が優秀な学生だった。

ドリームキラーによって子どもは夢をなくし、無気力になる

ドリームキラーによって子どもは自分の能力を過小評価し、無気力になっていく。

しかし、過去の事例(偏差値等)に惑わされず、相手の意志を否定せずに指導できる人はほとんどいない。

進路相談をする際は、自分の夢を誰にも話さないか、心理カウンセラーなどの専門的な知識と訓練を受けた者が適切だ。