高専卒業し隊

 >  > 奨学金の滞納でブラックリストに掲載される

奨学金の滞納でブラックリストに掲載される

奨学金を3ヶ月滞納し続けるとブラックリストに掲載される。

高専生の1割は延滞している

日本学生支援機構-返還金の回収状況等について(PDF、4ページ目)によると、高専卒業生の1割は奨学金を延滞している。

大学に比べて、高専は就職率が良く授業料も低い。しかし日本学生支援機構のデータを見る限り、卒業生の1割はお金に困っている状況だ。

3ヶ月滞納するとブラックリストに掲載される

3ヶ月連続で奨学金の返済をしなかった場合、個人信用情報機関へ登録、つまりブラックリストに登録される。

いったんブラックリストに掲載されると、返済完了の予定日+5年間は自分の個人情報が掲載される。

また、ブラックリストに登録されることでクレジットカードや自動車ローン、住宅ローン等の新規契約ができない。さらに奨学金を滞納すれば、年率10%の延滞金が発生する。

奨学金を減額・猶予する救済制度はたくさんある

記事「誰でも奨学金を無利息で延滞・減額する方法」で紹介したが、奨学金の返済を減額または猶予する救済制度はたくさんあり、少なくとも10種類以上ある。
奨学金の減額・猶予する救済制度
(出典:STEP債務整理ー奨学金の返還猶予・減額の収入条件を満たすために「特別な支出」の控除を活用しよう

自分に適した返済方法は無料で相談できる公共機関やNPOに相談すれば適切な方法を知ることができるので、返済でお困りの方は、それらの機関に相談することをオススメする。