高専卒業し隊

 >  > 自転車の安全グッズ

自転車の安全グッズ

スポンサードリンク

交通事故に遭わないために、自転車の安全グッズを紹介する。

ヘッドライト

自転車の夜間における無灯火運転は交通違反(5万円以下の罰金)であり、さらに相手にケガを負わせた場合は2500万円の賠償命令が出ている。

賠償命令2500万円

夜間、前照灯のない自転車で走行していた成人男性が、歩行中の短大非常勤講師(71歳)と衝突。短大非常勤講師には重大な障害(後遺障害1級)が残り、全く仕事ができない状態になった。

(判例:大阪地方裁判所、平成8年10月22日判決)

(出典:チューリッヒ保険会社

やはり夜間に自転車で走行するときはヘッドライト(前照灯)を装着したほうが良い。そこで、オススメのヘッドライトは走りだすと自動点灯する自転車用ヘッドライトを比較で紹介したパナソニックの「かしこいランプ」シリーズである。

上の製品はタイヤの横に装着するタイプで、下はハンドルに装着するタイプだ。

パナソニックの「かしこいランプ」シリーズは、周囲の明るさを自動で検知し、走り出すと振動で自動点灯する自転車用ヘッドライトだ。

以前、私は手動で点灯させるライトを使っており、街中を走行する時はよく点け忘れていたが、「かしこいランプ」なら自動点灯なので点け忘れの心配がない。

「かしこいランプ」の電池を使用するタイプは電源に単3形乾電池を使うが、乾電池はランニングコストが高いため、パナソニックやサンヨーの充電池がオススメだ。

「かしこいランプ」の電池交換はワンタッチで簡単にできるが、何度も電池交換をするのは面倒なので、充電池は電池容量が大きい製品がオススメである。パナソニックやサンヨーの充電池の中で最も電池容量が大きいのが「エネループ プロ」だ。

私は実際に「かしこいランプ」と充電池を組み合わせて使っていたが、故障することなく何年も快適に使えた。

テールライト

テールライトは、夜間、自動車やバイクに自分の存在を気づかせるために取り付ける。

このテールライトは、太陽光で充電し、夜間走行中のみ自動点滅するタイプがオススメである。理由は電気交換が不要だからだ。

テールライトをヘッドライト替りに使っている人を見たことがあるが、危険である。

自転車のテールライトは通常赤色に発光するが、赤色は後方を意味するため、自動車との衝突事故が発生しやすくなる。ご注意を!